伝統と進化

素材の良さを生かして60年… 明日に向かってさらに進化

  • 丸近の創業
  • 創業昭和32年

    これまで培った素材を見極める「目利き力」と
    美味しさを最大限に引き出す「加工技術」、
    この60年守り続けてきた伝統を胸に、
    これからさらなる進化を果たすために
    丸近は走り続けます。

丸近の強み1

日本海の海の恵み、地元香住の日帰り漁による鮮度抜群の前浜の原料

私たちの暮らす兵庫県美方郡香美町香住にある前浜の香住港は、大型船や鮮度抜群の日帰り小型船があります。漁師の方たちも、鮮度に対しての意識が強く、鮮度抜群の蟹をはじめ多くの海の恵みを水揚げしてくれます。

丸近の強み2

香住ガニ歴30年以上の目利き人による選別、さらに若手の目利きも育成

弊社の蟹姿は、熟練3人の目利き人により選別し、さらに社長自ら目利きした蟹のみ販売・製造しております。
また、熟年社員や社長の本物の目利きを受け継いでいく、若手の育成にも力を入れております。

丸近の強み3

素材を最大限に生かす手作業で、1つ1つ丁寧に製造

蟹シーズンに入ると毎日のようにいただく注文で作業が追いつかず、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、機械での大量生産にはせず、あえて時間の掛かる手作業で素材・品質を保って、皆様に自信を持ってお届けしております。

経営理念

一、私達はおいしい食の製造を通じ豊かな地域社会づくりに貢献します。
一、私たちは常にお客様への感謝を忘れずお客様から喜ばれる製品づくりを目指します。
一、私達は仕事を通じ自己研鑽につとめ働く喜びを知り心豊かな生活を築きます。

株式会社 丸近 代表取締役
上垣 重幸
上垣重幸

会社概要

会社名 株式会社 丸近
代表者 代表取締役社長 上垣 重幸
住所 兵庫県美方郡香美町香住区香住3
連絡先 TEL 0796-36-1338 FAX 0796-36-3754
従業員 34名(男性15名、女性19名)
業種 水産加工業
商品 カニ剥き身商品、松葉がに、紅ズワイガニ、干し物(えてがれい、ハタハタ、ほたるいかなど)
業務内容 直売店小売り、各ご家庭への通信販売、料亭への原料卸し、各地市場への出荷
原料購入先 香住漁港
株式会社丸近 所在地
丸近はコチラ

会社概要

昭和32年
8月
開業 上近商店
代表者 上垣 近蔵
兵庫県城崎郡香住町若松669-39
昭和37年
8月29日
有限会社 上垣商店
資本金50万円
昭和40年
7月3日
第一工場建設
兵庫県城崎郡香住町香住3
昭和46年
4月5日
役員変更
代表取締役社長 上垣 和弘就任
昭和46年
5月1日
本店移転
兵庫県城崎郡香住町香住3
昭和46年
8月12日
第二工場建設
昭和47年
11月22日
京都支店開設
狭路市中教区壬生西大竹町15
昭和51年
1月29日
第三工場建設
兵庫県城崎郡香住町香住4
昭和51年
12月13日
株式会社 上垣商店に組織変更
昭和51年
12月18日
株式会社 丸近に商号変更
昭和52年
7月30日
店舗開店
豊岡市三坂町
昭和53年
5月10日
京都支店廃止(京都丸近新設の為)
昭和62年
10月31日
第四工場建設
兵庫県城崎郡香住町香住5
平成 4年
7月18日
中国合弁会社設立(威海文垣水産有限公司)
平成17年
1月27日
役員変更
2代目代表取締役社長 上垣 重幸就任
資本金5400万
平成 27年 活カニ用の水槽を設置
平成28年 通信販売
フェイスブック、ホームページの作成導入
mailのお問い合わせ
お電話のお問い合わせ/ご注文 TEL:0796-36-1338